「私」というモデル「ディヴァイン」

私が私であることと、私以外という世界が常にそこにあることを、私自身が私として受け入れそして、至高のアートを纏い、誇りを持って存在したとき、ランウェイは、神々しく、輝く。