「社会」に求められる俳優

歴史の歯車として、そして時間の使用人として、しかし胸を張って立ち、華やかな虚構に遊ばず、富や名声に惑わず、過去を尊敬し、今を五感で感じ、未来を創造してゆくために、外へ、外へ、外へ。社会へ向かって、自身の人生を背負い、演じる。